黒岩 泰

2017年3月31日サービス終了のお知らせ
達人詳細はこちら
勝率 …………………………………………2勝5敗(28.6%)
平均パフォーマンス ………………………-5.3%
累積パフォーマンス ………………………-10.6%
平均予想期間: 69日

2017年 3月実績

勝率 平均パフォーマンス 累積パフォーマンス
0勝0敗(0.0%) 0.0% 0.0%
平均予想期間: 0日
勝敗 開始 終了 売買 期間 銘柄名 推奨時株価 終了時株価 実績(%)
予想中 03/29 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/28 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/27 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/24 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/23 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/22 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/21 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/17 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/16 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/15 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/14 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/10 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/09 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/08 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/07 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/06 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/03 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/02 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 03/01 --- --- --- --- --- --- ---

2017年 2月実績

勝率 平均パフォーマンス 累積パフォーマンス
0勝2敗(0.0%) -10.4% -10.4%
平均予想期間: 0日
勝敗 開始 終了 売買 期間 銘柄名 推奨時株価 終了時株価 実績(%)
予想中 02/28 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/27 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/24 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/22 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/21 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/20 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/17 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/16 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/15 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/14 --- --- --- --- --- --- ---
負け 02/13 03/16 買い 32日 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 657 591 -10.0
予想中 02/10 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/09 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/08 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/07 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/06 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/03 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 02/02 --- --- --- --- --- --- ---
負け 02/01 02/27 売り 27日 ソフトバンクグループ 8,650 8,684 -0.4

2017年 1月実績

勝率 平均パフォーマンス 累積パフォーマンス
2勝3敗(40.0%) -0.1% -0.2%
平均予想期間: 39日
勝敗 開始 終了 売買 期間 銘柄名 推奨時株価 終了時株価 実績(%)
予想中 01/31 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/30 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/27 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/26 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/25 --- --- --- --- --- --- ---
勝ち 01/24 02/20 売り 28日 ディー・エヌ・エー 2,580 2,529 +2.0
予想中 01/23 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/20 --- --- --- --- --- --- ---
負け 01/18 02/01 売り 15日 ソフトバンクグループ 8,090 8,687 -7.4
予想中 01/17 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/16 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/13 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/12 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/11 --- --- --- --- --- --- ---
予想中 01/10 --- --- --- --- --- --- ---
勝ち 01/06 01/16 買い 11日 リネットジャパングループ 4,410 5,450 +23.6
負け 01/05 01/16 買い 12日 アイフリークモバイル 354 318 -10.2
負け 01/04 01/16 売り 13日 ソフトバンクグループ 7,850 8,495 -8.2

達人経歴

  •  大手証券会社を経て、2000年代前半に金融情報配信会社などでテクニカル・アナリストとして従事、切れ味の鋭いユニークな理論展開により、テレビ・雑誌などでも活躍する。2008年に成果報酬型の助言を行う黒岩アセットマネジメントを設立し、自身のキャリアを通して構築された独自のテクニカル理論「窓・壁・軸理論」に基づき、株式・先物・オプションを対象に投資助言活動を展開。
  •  株価が窓(ローソク足の間にできた空白)に引き寄せられる習性があることに着目した「窓理論」、株価の動きが止まる価格帯を分析した「壁理論」、さらにこの2つとともに株価に影響を与える要素である「軸理論」を組み合わせた独特の投資理論は異彩を放ち、多くのファンが存在する。
  •  2014年yahooファイナンス投資の達人、年間パフォーマンス+377%で第1位。イキの良い急騰銘柄の発掘を得意としている。

「窓・壁・軸理論」としての主な出版物

助言方針について

本商品は、株式会社黒岩アセットマネジメントからの情報提供を元に、当社がお客様に対して有価証券等の価値等の分析に基づく投資判断を助言するサービスです。

新規銘柄配信数 月10~15銘柄程度
新規売買方向 日経平均の軸が上向きのときは買い、下向きのときは売り
推奨期間 短期中心
対象銘柄 個人投資家の人気が高い銘柄

黒岩 泰に聞く ”投資とは”

──山一証券での営業マンがキャリアスタートだったそうですね。

黒岩 はい、学生時代から当時流行っていたハリウッド映画の影響もあり、投資家になりたいとは漠然と考えていて、その勉強になればと大手証券会社に入社したのです。最初はディーラーを希望していたのですが、結局は営業マンとして自由が丘支店に配属され、5年間勤めました。

 ここで「証券営業とは何たるものか」を叩き込まれた訳ですが、あの頃感じたのは、顧客に損させて平然と手数料を稼いだり、お客さんを騙すような営業を強いられるという、当時の証券会社の悪しき体質ですね。当然、顧客からのクレームも多かった。

 ちなみに、現在の黒岩アセットではこうしたクレームが全くありません。これには手数料や会費ではなく、完全な成果報酬型を採用していることもありますが、お客様に「必ず儲かる」というような無責任なことは言わず、株式投資では成功もあれば失敗もある、極端に言えば51勝49敗でも最終的に勝てばいいのだ、ということをきちんと理解してもらっているからだと思います。

──山一破たんの直前に退社されたとか。

黒岩 別にそれを予期していたのではなく、長崎への転勤辞令が出たのと期を同じくして、当時の上司たちが「本当に儲かる投資商品を開発して売るために、これまで無かったような新しい証券会社をつくろう」というので合流したのです。

 でも結局その会社は半年で辞め、フリーランスとして1年半ぐらい活動しました。この間、詐欺やブローカーもどきがいかに多い世界であるかということを改めて実感しました。香港や台湾の資産運用関係者と話していると、「M資金」(真偽不明のGHQの秘密資産を差し、これまで詐欺や犯罪などに多用されてきた)絡みの投資話とか、ゴロゴロ出てくる。

そんなことを間近で見ている頃、ある知人の誘いで、大手投資情報会社に入社することになったのです。

──フィスコでは、テクニカルアナリストとして活躍されました。

黒岩 当時、私は自分で3つの目標を立てていました。「アナリストの資格を取る」、「自分の本を出す」、そして「会社が上場する」ことです。そこでまず、専門学校に通って証券アナリストの資格を取りました。それまでもテクニカル分析は得意だったのですが、ファンダメンタルズを理解した上でこそテクニカルもより深く理解することができると考えたのです。

 次の目標だった会社の上場も、首尾よく株式リサーチ部長時代に果たすことができました。そして、最後の目標もあって、株価はチャートの窓(ろうそく足の空白)を埋める習性があることに着目し、自分なりに体系化して「究極のテクニカル分析」という本にまとめたのです。

──黒岩さんの理論は、その後も進化を続けました。

黒岩 本はeワラントに関するものも含めて現在まで4冊執筆しています。最終的には「窓理論」に、株価の動きが止まる壁を分析した「壁理論」、そしてテクニカルの動きだけでは説明がつかない動きを研究した「軸理論」を加え、「窓・壁・軸理論」として発表しました。

 軸の傾きは株価を中長期的に左右するものです。窓や壁の位置関係にかかわらず、株価はそちらの方向に動く習性があります。なので、窓と壁の位置関係を把握した上で、実際の株価の動きを見て、軸の傾きを推定するのです。

 「黒岩流『窓・壁・軸理論』株式の最終兵器」という本にまとめたこの理論は、一言で説明すれば、これまで2次元だったチャートの動きを3次元化したものと言えましょうか。

──「投資の達人」での銘柄選定も当然、この理論によるものですか?

黒岩 もちろんです。基本的な戦略としては、まず日経平均の「軸の傾き」に注目します。日経平均の「軸が上向き」ならば、全体的に上昇しやすいと考えます。このときは、「買い」で一番旬な銘柄を推奨します。逆に日経平均の軸が下向きならば、全体的に下落しやすいので、一番旬な売り銘柄を推奨します。投資期間は原則1週間。もっとも注目されている銘柄のなかで、買いや売りを臨機応変に入れ替える作戦です。投資資金を6分割~7分割すれば、普通に売り買いできるはずです。それなりに流動性の高い銘柄を選択するよう配慮します。

 日経平均は、アベノミクスがスタートして約2倍になりました。この水準は基本的には「バブル」であり、この先、何が起こるか分かりません。場合によっては「日経平均1万円割れ」の“お里帰り”もあるかもしれません。そうなっても大丈夫なように、買いのみならず、売りでも積極的に値幅を狙っていきます。投資は“二刀流”の方が、圧倒的に有利ですから・・・。